中野こどもクリニック 中野こどもクリニック
よくある質問集
 
ピーナッツアレルギー
 

今回は、卵、牛乳とならんでアレルギーの多いピーナッツについて特集します。

ピーナッツは、マメ科の植物で、正確には「落花生」のことを指します。くるみやアーモンドのように木になる実とは異なり、地中に根を生やして育つ食物です。マメ科のアレルゲンでほかによく知られているのは大豆ですが、ピーナッツは少量でも重篤なアレルギー反応を起こす可能性の高いアレルゲンです。アレルギーの症状は、口の周りがかゆくなって赤くなったあり、全身にブツブツが出る程度から、喉が腫れて呼吸困難に陥り、アナフィラキシーショックを起こして死に至るケースまでさまざまです。特にピーナッツは、強いアレルギー反応が出ることで知られていますので、できるだけ早い段階で発見しておきたいアレルゲンです。

 
ピーナッツのアレルゲン成分

ピーナッツアレルギーの原因物質は、ピーナッツに含まれるヒスチジンが微生物によってヒスタミンに変わり、それが気管支を収縮させたり、じんましんを起こします。

 
隠れピーナッツ

ピーナッツ自体は固すぎて、小さい子どもにあげることはないから大丈夫、と思っていても、いろいろな加工食品の中にピーナッツの成分が含まれているので、食べた覚えがないのにアレルギーが出てびっくりすることがよくあります。

例えば、落花生オイルを使ったお菓子(キャンディや焼き菓子、チョコレート)、カレーのルー、ピーナツバター、ゴマだれ、担々麺、チョコアイス、インスタントラーメン、あらかじめ味のついた肉、チャーハンの焼き豚、肉まん、あんまん、フライのソース、パスタソース、サラダ、サンドイッチなどなど挙げるときりがありません。こういった隠れピーナッツ入りの加工食品を食べた時に初めてアレルギー反応が出ると、いったい何が原因だったんだろう・・・?と悩むことになります。ほとんどの場合は、食べてから約15〜30分以内に症状が出ます。

アレルギーをどうやって見つける?

他の代表的なアレルゲンとなる食品(卵、牛乳、そば、小麦など)に反応が出ているようなら、ピーナッツも注意したほうがよいでしょう。食物アレルギーの検査は、生後4か月から可能です。血液の抗体検査でアレルギーがあるかないかは判定できます。最近は、アレルゲンコンポーネントArah2を測ればかなり正確に診断できるようになりました。しかし、もっとしっかりどの程度のアレルギー反応が出るかを調べるには、経口負荷テストといって、医師の監視のもとですこしずつ食べてみて、時間をおいて症状の程度を見るという方法がありますが、かなり時間がかけて実施するので、1日入院するのが一般的です。

最近の研究成果

2015年に発表されたイギリスでの研究結果によると、生後4〜10か月からすこしずつピーナッツを定期的に食べさせたほうが、5歳になったときのアレルギー発症リスクが80%以上も減ったということです。また、生後12か月以上の子どもに同じような検査を行った結果、まったくピーナッツを食べていない子と比べてアレルギー発症率が74%減ったということです。この研究結果について、イギリスの有名な小児アレルギー研究者であるGideon Lack教授は、特定物質を除去してしまうことが、かえってそれに対する耐性や抵抗力の獲得を阻害している、とコメントしています。乳児の離乳時期になるべく早くピーナッツを試しておくほうがよいというのが最近の考え方になっています。